面接でやってはいけないことベスト3

 面接でやってはいけないことベスト3。

 

■面接時間を守らない
 よほどの理由が無い限り、面接時間に遅れるのはいうまでも無くNGですが、意外と多いのが、面接時間より大幅に早い時間に訪問してしまう人です。面接を受ける側としては、早い分には問題ない、やる気をアピールできると思いがちですが、企業側にとっては、人事のスケジュールや会議室の予約など、早く来られると実は困ってしまう事情があったりします。早く着きいてしまいそうな場合は、時間を調整して、なるべく5分前程度に訪問するようにしましょう。

 

■企業分析が不十分
 面接を受ける企業についての調査が甘くてはいけません。自己PR、自分の職歴などは十分につらつらと説明できるのに、”弊社の会社の取り扱い製品についてご存知ですか?”といった質問にはだんまり・・・といったケースも少なくないようです。採用側としては”本当にうちの会社に入りたいのだろうか?”と疑問に感じます。最低でも、企業HPを事前にチェックし、企業理念や経営者の言葉、取り扱い事業などについて把握しておき、面接時に質問ができればベターです。質問タイムに、給与や休日、残業などの条件面の質問ばかりしてしまうのは面接官の気持ちを萎えさせてしまいます。

 

【特集ページ】
50歳以上の求人を探すときに知っておくべき項目
50歳以上の求人を探している方必見のお役立ち情報!

 

一般財団法人 厚生労働統計協会

 

■質問の意図と違う回答をする
 自分をアピールしようと必死なあまり、採用担当者の質問に対する回答が見当はずれになってしまってはいけません。例えば、志望動機を聞かれたのに、話しているうちにいつの間にか前職の営業成績で表彰されたことについてつらつら話していたり・・・。質問の意図を理解できないイコール仕事についても同じと捉えられ、マイナスイメージになってしまう可能性があります。

 

 これらのことに注意するだけでも、採用率が少し上がるかもしれません。